眼の健康を保つために

眼の健康を保つために

一覧に戻る


トップページに戻る

その眼鏡、合ってる?

社会人になってパソコンを使う時間が急に長くなると、眼鏡を新調するために眼科に来られる方が多くいらっしゃいます。学生の頃より遠くが見づらくなるたびに眼鏡を何度か作り直した経験から、遠くがはっきりと見えればその眼鏡は自分に合っていると一般に思われがちです。若い方は遠くを見れば遠く、近くを見れば近くが見えますが、これは重力のように当然起こるような物理的な現象ではあり ません。物を見る仕組みを理解すれば、遠くがはっきり見えるからといって近くもはっきり見えるわけではないことがわかります。

人の眼の中には凸レンズの形をした水晶体と呼ばれるものがあります。この水晶体はグミのような弾力性を持っていて、若い方では軟らかくて容易に厚みを変えることができます。人が物を見るとき、視線を向けたところに無意識 にピントを合わせようとして水晶体の厚みが変わります。遠くを見ていると水品体は薄いのですが、そのまま近くに視線を向けると、水晶体が瞬時に厚くなつてピント合わせをするから近くがハッキリと見えるのです。もしもこのとき、水晶体が厚くならないと近くはボヤっとしか見えません。

水晶体は幼少期から年齢を重ねるにつれて硬くなっていくため、厚くなるのがだんだん難しくなります。40代半ばを迎えた方が、遠くがよく見える眼鏡を掛けると手元がボヤけるのはこのためであり、いわゆる老眼です。水晶体は歳 と共にだんだん硬くなりますので、30代を過ぎた方が長時間近くを見つめた後に視線を遠くに向けても、無理して厚くなっていた水晶体がすぐには薄い状態には戻らないため、ピントは近くにとどまったままになり、吐込くが見えにくいと感じるのです。

会社員の多くは青年期から一日中、眼前50〜70cmの液晶画面を凝視しています。30代になって「遠くが見えにくくなったので眼鏡の近視度数を上げてほしい」と来院されますが、水晶体が元の薄い状態まで戻っていないときに度数を上げると、度が強過ぎる限鏡を作ることになります。最近は眼鏡量販店 で器械に頼った眼鏡合わせをされており、度の強過ぎる眼鏡を掛けている方が多くなりました。度の強過ぎる眼鏡を掛けると、遠くを見るときでさえも水晶体が厚くならないとピントが合いませんが、輪郭が明瞭になるため、よく見え るようになったと勘違いされます。近くを見るときは普段よりもさらに水晶体が厚くなる必要があり、それは極端に近づけてものを見ているのと同じであり、日の疲れの大きな原因です。度の強過ぎる眼鏡を掛け続けると、眼はその 状態に適応しようとするので、近視が進んでしまいます。近視は25歳ぐらいからほとんど進まないはずなのに、眼鏡を何度も買い直している方はこのパターンに陥っている可能性が高いです。

遠くがよく見える眼鏡で近くを長時間見ているという行いが、遠くが見えにくくなる原因であり、30代を過ぎると眼鏡の度数は上げるのではなく下げるべきです。眼鏡の近視度数を下げると遠くが見えにくくて困るなら、液晶画面を見ている時間だけでも度数を下げた眼鏡に掛け替えることをお勧めします。