眼の健康を保つために

 

一覧に戻る


トップページに戻る

早く慣れればゴキゲン、遠近両用眼鏡

疲れると雑誌の文字にピントが合わなかつたり、気付かないうちにスマホやタブレットを遠ざけて読んでいませんか?裸眼で遠くがよく見える方が40代半ばを過ぎると、近くにピントが合わなくなり、手元が見えにくくなります。いわゆる老眼です。裸眼で近くは見えても、眼鏡(またはコンタクトレンズ)を掛けないと遠くが見えにくい方、つまり近視の方でも起こり、眼鏡を掛けて手元を見ると自覚します。

老眼になれば、手元を見やすくするための眼鏡が必要になりますが、そのうに近くを見るときだけ掛ける"近用眼鏡"があります。近用眼鏡は遠くがボケて見えるため、慣れるまでは不安な感じがします。また、遠くを見るための眼鏡を掛けている方が近用眼鏡を併用すれば、掛け外しが頻繁になるため、面倒がられます。近用眼鏡のこのような欠点を補うものとして、一つの眼鏡で遠くから近くまで見える"遠近両用眼鏡"や遠近両用コンタクトレンズがありますが、今回は遠近両用眼鏡についてお話します。

最近の遠近両用眼鏡は、レンズに境目のない"累進多焦点レンズ"と呼ばれるものが主流です。累進多焦点レンズは、一枚のレンズに遠くが見える遠用部、近くが見える近用部、遠くから近くまでの中間距離が見える中間帯があります。レンズのほぼ上半分が遠用部、レンズの下半分からだんだん度数が弱くなって近用部に移行しますが、このだんだん度数が弱くなっていく部分が中間帯に相当します。近用部の範囲は遠用部より狭くて、中間帯はもっと狭く、中間帯と近用部の有効な範囲以外、すなわち下側方部は不必要な乱視が入った形状になりますが、残念ながらレンズの設計上、無くすことはできません。この下側方部では歪んで見えるため足元がボヤけるので、慣れないうちは見え方に不安を覚え、階段を下りるときは特に感じます。

老眼であることを受け入れない方がいらっしゃいますが、累進多焦点レンズの下側方部の歪みは遠用部と近用部の度数差が小さいほど弱いため、できるだけ早い時期から、具体的には老眼になる45歳前後から50歳ぐらいまでに、遠近両用眼鏡に慣れることをお勧めします。50代後半になると、さらに進んだ老眼に対応するために下側方部の歪みが強くなるうえ、加齢に伴い、視覚中枢が歪んだ見え方に適応しにくくなるため、初めての遠近両用眼鏡にいつまでも慣れなくて、掛けられない方も多いです。この場合は、遠用部と近用部の度数差を小さくし、見える範囲を遠くから中間距離ぐらいまでに狭めた遠中両用眼鏡から慣れるようにします。

累進多焦点レンズで近くを見るときはコツがあり、思い切って視線を下に向ける必要がありますが、初めての人はどうしても顔全体をうつむけてしまって、レンズの近用部よりもやや上の部分で見てしまいます。そのため、「顎を少し前に出すようにして、視線だけを下に向けてください」と指導しています。また、レンズの近用部は狭くて下側方の見え方が悪いため、横書きの文章を読むときは、視線を動かさず顔ごと追って行くようにします。

累進多焦点レンズに慣れてしまえば、自然な感じで遠方から近方まで見ることができ、自分が老眼であることを忘れ、毎日を過ごすことができますが、それでも50代後半になると中間距離の見づらさを意識するようになります。特にパソコンの画面は読書の本に比べ上方に位置するため、中間帯〜近用部で見ようとすれば顎を無理に突き出さざるを得ません。50代後半からはパソコン用としてもう一つ眼鏡が必要になり、中間距離から近方に合わせた中近両用眼鏡と呼ぶような累進多焦点レンズを処方するようにしています。