眼の健康を保つために

 

一覧に戻る


トップページに戻る

お子様の近視を進行させない最新情報(前編)

毎年春と秋には、学校検診で視力低下を指摘された子供たちが保護者と共に来院されます。視力低下の原因として多いのは近視で、この会報誌の読者の皆様にも馴染みがあると思います。近視とは近くは見えるけれど遠くが見えにくい眼の状態であり、構造的にはものを写す膜(網膜)より前方で焦点が結ばれており、眼球の奥行が長くなることで起こります。

お子様が近視であることを説明すると、保護者の方から「眼鏡を掛けさせたくないのですが、掛けないと悪いことがありますか?」「眼鏡を掛けると近視が進みませんか?」「近視の進行を止める方法はないですか?」とよく質問されますが、これまで根拠に基づいた回答ができませんでした。しかし今世紀になって近視に関する大規模な調査が行われ、近視の進行を抑えるための臨床研究が徐々に進みはじめ、これらの質問にも根拠に基づいて返答できるようになりました。

以前は近視の子供に眼鏡を合わせる場合、遠方がはっきり見える度数よりもやや弱く処方されることが慣例でした。近くを見るときのピント合わせが近視を進めるはずと推量されていたので、ピント合わせを少しでも減らすため弱めに処方することがその理由ですが、データに裏付けされてはいませんでした。しかし最近の研究報告では、やや弱めに合わせた眼鏡のほうが遠くがはっきり見える眼鏡より近視が進行しやすいこと、近視が強いほどその傾向が強いと結論づけています。つまり子供を含めた若年者の近視には、近視の進行を抑えるためにも遠くがはっきり見える眼鏡を処方すべきです。

これまで我々眼科医は近視がどんどん進行する子供への対処法として、その度ごとに眼鏡を処方するしかなく、近視の進行を抑えることは積年の願いでした。ようやく最近になって、近視の進行を抑える治療法として、

  1. 低濃度アトロピン点眼
  2. オルソケラトロジー
  3. 多焦点ソフトコンタクトレン
  4. 太陽光の下での戸外活動

などが有効であることが確証されました。

次回はこれらの治療法をそれぞれご説明いたします。