7)

EPA型体質になれ

 日本人が世界最長寿を成し遂げたのは、魚介類をよく食べる民族だからです。魚介類の成分で、健康に大きな好影響を与えるのが、EPA(エイコサペンタエン酸)です。食物連鎖の影響で、魚介類、特に青魚をよく食べる人には体内の脂肪内にEPAが蓄積されます。EPAがしっかりと蓄積されると、心筋梗塞、脳梗塞、大腸ガン、乳ガンの発症率が低下してきます。

 EPAの血中濃度は、全脂肪酸分画中で4.1%以上(採血で測定される)を目標にしてください。EPA型体質になるためのキーワードは、「青魚」「海草」です。

進む→