健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

「コレステロール」

コレステロールのいい面、悪い面

コレステロールというと「体に悪い」と決めつけている人が多いと思います。

確かに、コレステロールが血管の中にたまるのはよくありませんが、コレステロールには、細胞膜を維持したり、性ホルモン・副腎皮質ホルモンの成分や消化吸収を助ける胆汁の材料になるなど重要な役割がありますので、生きていくためには当然、一定量が必要となります。

コレステロールは、食物に含まれるコレステロールそのもの(卵やモツなど)が、腸から吸収されたり、飽和脂肪酸(バターやラードなど)を原料として肝臓で合成されたりして体内に存在しています。そして、血液中に溶け込み、体中を駆け巡りながらその役割を果たすのですが、腸からたくさん吸収されすぎたり、肝臓でたくさんつくられすぎたりして、血液中のコレステロールが高くなると、体に異変を起こすようになってしまします。動脈が硬化し、心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなるのです。

ところで、コレステロール値がいくつか、すぐに答えられますか?

コレステロールと聞いたら、『総コレステロール』『HDLコレステロール』をイメージできるようにしてください。普通、単にコレステロールといえば、総コレステロールのこと。では、HDLコレステロールというのは、どんなものなのでしょうか。

ほとんどの方が、「コレステロールには善玉と悪玉がある」ということをご存じかと思います。このHDLコレステロールが善玉コレステロールです。このHDLコレステロールは、血液中の余分なコレステロールを肝臓に送り戻す働きをします。ゆえに『善玉』といわれるのです。

一方、『悪玉』といわれているのが、LDLコレステロール。肝臓で合成されたコレステロールを血管の細胞などに送って蓄積させる働きをします。蓄積の結果が動脈硬化となって現れるというわけです。これでは、悪玉と呼ばれても文句はいえません。

では、このコレステロール、どのくらいの数値を目標にすればいいのでしょうか。ずばり、総コレステロールは180〜220mg/dlを目標にしてください(ただし、65歳以上の人は240ぐらいまで大丈夫です)。これより高くても、また低くてもいけません。HDLコレステロールは50mg/dl以上を目標に。こちらは、高ければ高いほどいいです。

HDLコレステロールを上昇させるためには、まずは適度な運動と食生活の見直しを。散歩のようなごく軽い運動でもいいですので、一定時間以上毎日行い、食生活においては、食肉の脂身などは控え、コレステロールの合成を防ぐ魚貝類などを積極的に摂取するようにしましょう。そして、禁煙。完全禁煙が理想ですが、本数を減らすだけでも、値が少しずつ上昇していきます。

また、愛飲家にはもってこいの話ですが、お酒を飲むとHDLコレステロールが上昇します。日本酒換算で1日1〜2合程度、お酒の種類では、赤ワインがもっともいいようです。赤ワインがいいと実証されたのは最近のことですが、昔から「お肉に赤ワイン」とされていたのは、じつにみごとな経験則だと思いませんか。