健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

「中性脂肪値はいくつですか?」

中性脂肪値が高すぎると・・・

「中性脂肪値が高いですね。ほうっておくと動脈硬化が進行して、そのうち心筋梗塞が起こってしまいますよ」

診察室でよく耳にする話です。中性脂肪というのは、皮下や内臓のまわりの脂肪の中身そのものです。空腹時の中性脂肪の正常値は150mg/dl以下、高すぎると動脈硬化、心臓病、脳卒中を発症する確率が高くなります。

中性脂肪がどのくらいたまっているかということは、血液検査でわかります。

会社の健康診断や病院で血液検査をした際は、結果をチェックしてみましょう。検査結果の項目名は「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」のいずれかになっているとおもますので、その項目の数値で判断出来ます。

食事中の脂肪成分は中性脂肪になって血液中に現れるので、食後は中性脂肪値が上昇、食後4〜6時間後がピークになり、500mg/dl以上に上昇することも珍しくありません。その後、その中性脂肪は分解されたり、脂肪細胞の中にとりこまれたりして、だんだんと低下していきます。

人によっては中性脂肪の値が、前日の食事の影響を強く受けることもあります。夜、焼肉やてんぷら、揚げ物を食べた翌朝の採血では、高めに出ることがあるのです。
中性脂肪が高いといわれたときには、まず検査前日の食事内容と食事時間を思いだしてください。

健康診断で「中性脂肪が高いので再検査が必要です」と言われたら、再検査日の前日の食事に気を使ってください。

中性脂肪は、脂っこい食事を控えたり、アルコールを中止すれば一ヶ月後には低下します。体重を減らすと中性脂肪値はてきめんに下がります。太り気味で、中性脂肪が高いのなら、まずダイエットに取り組むことを第一に考えてください。