健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

「天然の特効薬『サラシア』」

サラシアに含まれる「サラシノール」成分

「サラシア」という植物をご存じですか?

サラシアはニシキギ科のつる性の植物で、インド南部やスリランカなどの熱帯地方に自生しています。

「砂糖の分解を抑制する」という古くからの言い伝えがあり、根や幹から抽出したエキスは現地の人達の間で美容と健康のために飲み継がれてきました。約5000年も前からインドに伝わる伝承医学「アーユルヴェーダ」でも、糖尿病や肥満の治療に用いられ、大昔から現在に至るまで飲用され続けています。

糖尿病・ダイエットに著しい効果

飲み継がれている理由は、サラシアに含まれる「サラシノール」という成分にあります。

サラシノールは、消化酵素α-グルコシダーゼの作用を抑え、糖質の分解を阻害します。この働きにより、分解されなかった糖質は小腸に吸収されないまま排出されることになります。

糖質が排出されてしまえば血糖値は上がりません。これが糖尿病をはじめダイエットにも著しい効果をもたらしているのです。

この効果は科学的に証明され、また、非常に安全で副作用の心配がないことも明らかになっており、2002年にはWHO(世界保健機関)が「血糖値を下げる効果」を認めたという、民間療法の枠を超えたまさに天然の特効薬といえるでしょう。

サラシアのお茶

天然の特効薬は、その飲み方もいたって素朴。原木を細かく砕き煎じて飲むだけ。昔は、茎や幹をくりぬき、そこに水を入れ飲んでいたのだとか・・・。昔も今も、インドやスリランカでは、とてもポピュラーなお茶なのです。

日本でもその効果は注目され、お茶をはじめとした多くのサラシア関連商品が販売されています。メディカルサロンも、いち早くその効能に注目し、平成12年には「サラくわ茶」を発売、多くの方にご愛飲いただいています。

サラくわ茶の「サラ」はサラシアの「サラ」。生活習慣病を気にされている方にはぜひおすすめしたい美味しい健康茶です。