健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

「アルギニン」

成長ホルモンの原料になるアルギニン

アルギニンを子供に投与すると背の伸び率が高まるという効果が見られます。
大人に投与すると筋肉が発達する、精力が高まる、ぐっすり眠れる、肌のハリの向上などの効果が見られます。

経験的にアルギニンは間違いなく身体に作用しています。

医療現場にはれっきとしたアルギニン製剤があり、成長ホルモンの分泌刺激試験に用いられています。アルギニンを点滴で投与して、成長ホルモンの自己分泌が高まるかどうかを調べる検査です。分泌が高まらなければ、成長ホルモン分泌不全症と診断されます。

アルギニンはアミノ酸の一種です。体内で生成されるアミノ酸ですが、生成できる量に限界があるため状況に応じて外部から摂取する必要があります。

アルギニンの主要な特徴は、アミノ酸としての単独の作用をもつというだけでなく、成長ホルモン分泌刺激作用により成長ホルモンを増長させる、つまり成長ホルモンの原料になるということです。

その「成長ホルモン」には蛋白同化作用があります。それによって背が伸びたり、筋肉が発達したりします。また、身体の成長だけでなく、身体全体の代謝機能の調節にも重要な働きをしていますので、細胞レベルから老化を緩和し、肌につやを与え、よりエネルギッシュな肉体を作り上げます。

さらに、代謝の働きを高める脂肪を減らすことからダイエット効果、さらには血圧の安定やコレステロールを低下させるなどの作用も期待できます。

これらの働きに、アルギニンは自らが持つ成長ホルモン分泌刺激作用を介して大きく関わっているのです。健康管理上、本当に優れた成分があるように思います。