健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

「大麦若葉の健康効果」

有効成分多く含む大麦若葉

大麦若葉をご存知ですか?

大麦はイネ科の植物で、栽培の途中で新芽を何度も踏むことによって株分けが起こって増える生命力の強い植物。その増えた麦の新芽を摘み取って有効成分を抽出したものが大麦若葉エキスです。

ほかの緑黄色野菜に比べても、ビタミン、ミネラル、酵素を非常に多く含んでおり、少量で多くの栄養素を摂取できるという利点があります。

大麦若葉に含まれる栄養素とその効果

例えば、ほうれん草と比べるとβカロチンは3〜6倍、カルシウムは10倍以上、カリウムは約17倍含まれているといわれています。ビタミンB1、B2、C、食物繊維、マグネシウム、鉄なども大変豊富で、亜鉛、銅などもバランスよく含まれています。豊富なカルシウムは骨や歯を丈夫にし、カリウムは塩分を排出して血圧の上昇を防ぎ、銅は血管壁を丈夫にする、という働きがありますが、大麦若葉の場合、それぞれの栄養素の含有量が大変多いことからそのような効果に対する期待度が高いと思われます。

緑色のもとである植物性色素の葉緑素は、赤血球内にあるヘモグロビンという血液色素に近い分子構造をしています。体内に入ると、身体内に酸素と栄養素を運ぶヘモグロビンの助けをします。このため血液循環や傷の改善、コレステロール減少、血栓予防に効果があるとされています。葉緑素の効果としてはほかにも消臭作用や殺菌効果、整腸効果などがあげられます。

また、活性酵素を除去するSOD(スーパーオキサイド・ディスムターゼ)酵素が多く含まれているため、細胞の老化防止や抗がん、生活習慣病予防などに期待されています。

大麦若葉の青汁が市販されていますが、ほかの青汁と比べて穏やかな味わいがあり、飲みやすいといわれています。