健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

「脳内疲労の特効薬」

特に効果があるのはビタミンB1

40歳を超えたころから「若い頃よりもストレスが増えた」と感じる人が急増します。昇進で責任が重くなった、人間関係がうまくいかない、子どもの進路、親の介護など何かと心配事が増えるものです。

脳内疲労は、少々乱暴な言い方をすれば、脳の使い過ぎ、考え過ぎから起こる疲労です。肉体的には疲れ知らずでも、ストレスを受ける環境にいる人は、気付かないうちに脳内疲労をため込んでいます。

脳内疲労を「気持ちの持ち方でなんとかなるだろう」などと軽く考えるのは危険です。ストレスが蓄積した結果、うつ病になる人は年々増え続けています。ほかにも、不眠やストレス性の胃潰瘍、じんましんなど、脳内疲労の蓄積が原因で起きる病気は多く存在します。

慢性疲労症候群も、脳の疲労調節機能が働かなくなって起きることが、最近の研究で明らかになってきました。脳内疲労がたまると、何よりも気力そのものが低下してくるので、気持ちの持ち方をどうこうするどころではなくなってしまいます。

なかなか決断できなくなった人や、忙しいのに頭がボーっとしている人は、脳に疲労がたまっている状態です。物忘れがひどくなったのも、年のせではなく脳内疲労が原因の場合もあります。

脳内疲労を解消する栄養素

脳内疲労を解消する栄養素としては、ビタミンB1、B12、葉酸、そして青魚に含まれるEPA、DHA、卵黄、大豆のレシチンなどが代表的です。特に効果があるのはビタミンB1。中でもニンニクは、ビタミンB1がアリシンと結合して含まれているので吸収がよく、即効性がある優れた食材です。

また、ニンニクは脳だけではなく筋肉疲労の回復にも高い効果を発揮します。これもビタミンB1の効果です。激しい運動をした後などに摂っておくと、筋肉痛を軽くできます。