健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

ワイン好きはなぜ長寿なのか

フランス料理といえば、バターや生クリームをたっぷり使い、肉も食べるので健康には悪いというイメージがあります。それでは、フランス人は不健康な民族なのでしょうか。

この話をすると、フランス人は毎日フランス料理のようにこってりしているものを食べているわけではない、朝食はコーヒーとクロワッサンだけのシンプルなメニューだと反論する人もいます。

そういう人は、クロワッサンに含まれるバターの量を知らないのでしょう。バターのかたまりを生地に挟み込んでつくるので、つくる工程を見た人はその量に恐れおののくといいます。

ここまで動物性脂肪を多く摂っていれば、当然生活習慣病にかかる人も多くなると考えられます。ところが、虚血性疾患(心臓の動脈硬化)による死亡率はヨーロッパで最下位、イギリスの1/3以下、ドイツの約1/2という数字になっているのです。

これは「フレンチ・パラドックス」と呼ばれています。

フレンチ・パラドックスについては多くの専門家が研究していますが、赤ワインが動脈硬化を予防するのではないかという説が有力になっています。

赤ワインにはみなさんもご存知のようにポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは血管が錆びるのを阻止する抗酸化成分です。悪玉であるLDLコレステロールは壁に付着して動脈硬化のもとになりますが、血液中のポリフェノールはこれを防ぐ役割を果たしているのです。

赤ワインはぶどうの果肉だけでなく、果皮や種なども一緒につぶして発酵させます。ポリフェノールは果皮や種に含まれるので、皮や種を取り除いて発酵させる白ワインには抗酸化作用はほとんどありません。赤ワインは健康のもと

フランス人の1人あたりの年間ワイン消費量は、約67リットルで世界一です。日本人の70倍といわれていますから、赤ワインが健康のもとといわれるのもうなずけます。