健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

クロムでエネルギー消費を増やす

代謝機能のよい人と悪い人とでは、同じ運動をしても、消費するエネルギーの量に差があります。運動によるダイエット効果を最大限に得るには、できるだけ代謝をよくして、消費エネルギーを増やすことです。

そこで登場するのが、ミネラルの一種である「クロム」です。クロムは、代謝機能の衰えた身体に渇を入れ、運動時の消費エネルギーを増やしてくれます。

私たちの身体の中には、「クロム親和性細胞」といって、ミネラルのクロムと結びつく細胞が存在しています。ひとつは褐色脂肪細胞で、もうひとつはアドレナリンを分泌する副腎髄質の細胞です。

褐色脂肪細胞は、血中のブドウ糖を積極的に取り込みエネルギーとして消費しますが、その活性度は加齢とともに衰えます。ですから、年をとると、若い頃と同じ運動をしても、なかなかやせないのです。

そこで、食事やサプリメントでクロムを補うと、衰えていた褐色脂肪細胞の機能が再び活性化され、エネルギー代謝が高まります。その結果、同じ運動量でもより多くのエネルギーを消費することができるようになります。

また、クロムは副腎髄質の細胞にも働きかけ、脂肪の分解を促進するアドレナリンを分泌して、エネルギー消費を増やします。アドレナリンの分泌量は、運動そのものによって増えるので、クロムをとって運動をすれば、その効果はより高まります。

さらに、クロムには筋肉を増強する作用もあります。クロムを摂取している人としていない人とが、同じメニューで10週間運動をすると、クロムを摂取している人のほうが筋肉増強率は大きくなります。筋肉はもっともカロリーを消費する部位であり、この点からも、クロムはエネルギー消費量を高めるのに一役買っているわけです。

このように、クロムは褐色脂肪細胞と副腎髄質の両方に働きかけ、さらに筋肉量を増やしながらどんどん消費カロリーを増やして、体脂肪を燃やしてくれます。

クロムは、アサリやシジミ、ハマグリ、海藻などに多く含まれています。しかし、消費カロリーを確実にアップさせるには1日に200マイクログラム以上とることが望ましく、サプリメントなどを利用するのが現実的です。

日頃からのクロムのサプリメントをしっかりとり、体内におけるクロムの濃度を高めておきましょう。くろむを体内に十分に蓄積した状態で運動をすれば、運動効果は飛躍的に高まります。せっかく運動をするなら、その効果は最大限に引き出したいものです。