健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

糖尿病を放置するとみずみずしいつやを出したい人への特効薬〜葉酸とビタミンB12

葉酸もビタミンB12も、同じビタミンB群に属しています。どちらも体内の細胞が細胞分裂によって生まれ、成長するのに必要な栄養素です。

医学的には、神経細胞が修復されるときや貧血を改善するときに必要になるといわれていますが、経験的に肌のつややかさにも大きな影響を与える栄養素といえるでしょう。

この2つの栄養素は、欧米化した現代の食生活では不足しやすいようです。どちらも欠乏すると、巨赤芽球性貧血という悪性貧血が発症します。日頃から不足させないように気を付けたいものです。

葉酸は葉の多い野菜に含まれています。私たちの体のなかではつくることができないので、食べものからとることが必要です。
ビタミンB12は、動物の肝臓に多く含まれています。ほかには、動物の肉、魚介類などに含まれています。食べものの好き嫌いのある人や、とくに完全な菜食主義の人は、ビタミンB12が欠乏しやすく、サプリメントなどで補う必要があります。

さて、葉酸やビタミンB12は肌にどのような影響を与えるのでしょうか。

皮膚は表面から、表皮、真皮、皮下組織の順で構成されています。表皮と真皮の境目には、細胞分裂をくり返す胚芽細胞がびっしり並んでいます。この胚芽細胞が活発に細胞分裂をくり返せば、表皮はつねに新しい細胞で満たされます。逆に、胚芽細胞の細胞分裂のペースが鈍ると、表皮には古い細胞が長く残ることになります。

細胞分裂によって新しく生まれた表皮の細胞は、やがて角質化し、垢となって皮膚の表面からはがれ落ちていきます。はがれ落ちるまでの期間は20歳で28日、40歳を超えると約40日。つまり、加齢ととともに皮膚の表面には古い細胞が長く残ることになり、それがくすみとして感じられ、肌の若々しさに影響するのです。

加齢とともに、はがれ落ちるまでの期間が長くなるのは、細胞分裂のペースが遅くなるため。したがって、いつまでも若々しい肌を保つためには、胚芽細胞の細胞分裂のペースを速めなければいけません。このとき、細胞分裂がスムーズに行われるのに必要な栄養素が、葉酸とビタミンB12なのです。

ビタミンB12は単独でとっても効果を期待できますが、葉酸はビタミンB12がないと働かないというわがままなビタミンです。葉酸そのものが十分でも、ビタミンB12が不足していると効果は期待できません。

ですから、葉もの野菜で葉酸をとるときは、ビタミンB12の多い動物性食品を一緒にとるように心がけてください。このことは、美肌のためだけでなく、栄養バランスの面からも大切だといえるでしょう。