健康ワンポイントレッスン

健康ワンポイントレッスン

一覧に戻る


トップページに戻る

肌環境を整えるビタミンCの底ヂカラ

医師の処方がなくても簡単に手に入り、しかもシミに有効な成分に、「美肌ビタミン」としてお馴染みのビタミンCがあります。
ビタミンCは、チロシナーゼの合成や活性を阻害する作用があり、メラニン細胞がシミのもととなるメラニン色素をつくるのをコントロールして、シミを薄くしたり、新たなシミができたりするのを防ぎます。

また、紫外線を浴びたり、強いストレスを受けたりすると、体内に有害な活性酵素が発生して、シミやシワができやすくなります。ビタミンCはその活性酵素の生成を抑える力(抗酸化力)が備わっており、活性酵素による肌ダメージを防ぎます。
さらに、シミの原因には、化粧品のかぶれなどによる皮膚の炎症がありますが、ビタミンCにはアレルギーや炎症を抑える働きもあります。

シミに有効な成分でもハイドロキノンやレチノイン酸は刺激が強く、肌を荒らしがちです。その点、「美肌ビタミン」とも言われるビタミンCは肌のキメを整える効果があり、安心して使えます。
しかも、ビタミンCは、コラーゲンの生成に関与して、丈夫な真皮や弾力のある皮下組織をつくります。

このように、シミ対策だけでなく、美肌づくりの栄養素として非常に優れたビタミンCですが、カラダの外から補う場合には少々問題があります。
ビタミンCは科学的に不安定な存在のため、そのままでは酸化しやすく、また、水溶性なので皮膚の上から塗っても皮脂膜にはじかれ、肌の奥まで浸透しづらいという、二つの弱点があります。
カラダに取り入れるものは、何でもナチュラルなものが良いと考えがちですが、肌の上から吸収させるビタミンCに限っては、純粋なものより肌に浸透しやすいように加工したものの方が、はるかに安全で有効です。
現在のとろこコスメ成分として優れているものに、リン酸などを結合して安定させてビタミンC誘導体と、ビタミンCを油膜で包んだ油溶性ビタミンCとがあります。
いずれも、酸化しにくいうえ、肌への浸透性が高く、純粋なビタミンCより8〜10倍も皮膚細胞まで届きやすいと言われています。
ビタミンC配合コスメを購入するときは、この点を踏まえて選んでください。

化学技術の進歩によって、肌に有効とされる成分が次々と発見されています。それに伴って、美肌成分の草分け的な存在である「ビタミンC」の影が薄れつつあるようです。
しかし、ビタミンCは前述の作用のほか、肌あれやニキビを防いだり、白血球の機能を高めてアトピー性皮膚炎やガン、生活習慣病を防いだり、コレステロール値を下げて、血液をサラサラにするなど数えきれないほどの効果を秘めています。特に症状のない人も、美肌、健康維持のために、カラダの内外からとっておきたい成分です。