●最近足に異常を感じ、外反母趾の傾向にあります。日常生活で気をつけることがあれば教えてほしいのです。(大阪市 T・Kさん)

 親指が靴にあたって、1)痛い、2)うまく歩けない、3)立ってられない、などの症状がある場合、その多くは「外反母趾」です。女性に多く見られ、たいていは長い期間、無理して足にあわない靴を履き続けていた結果起こっています。しかし最近では、先天的素因も原因の一つとして考えられています。

 女性はどうしても、足が綺麗に見えるようにと、ファッション性を優先した高いヒールの靴を選びがちですが、これは外反母趾の大敵です。高いヒールのファッション靴は履かないようにしましょう。若い女性に大流行という「厚底靴」などはもってのほかです。

 靴を選ぶポイントとしては、1)先端が丸く、靴と足の間につま先があたらないくらい、靴と足の間に余裕があること。2)靴を履いたときに足の趾を自由に動かせる。3)靴の内部の素材が柔らかい。などをチェックしましょう。

 その他、日常的にできることとしては、1)足関節の運動。2)足の裏のマッサージ。3)足を湯船に入れて血行をよくすること。などを心がけていってください。

 

戻る