予防医学は価値ある生き方

真吾学

一覧に戻る


トップページに戻る

腸を知れば、人生が変わる(中編)

理想的な腸内環境の作り方のお話をさせていただきます。

具体的には、「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」を同時に摂取する「シンバイオティクス」 で相乗効果が起こり、「腸内フローラ」にとって良い効果を与えます。

「プロバイオティクス」とは、腸内環境を整えて免疫力を高めるなど、人体に良い影響を与える微生物(菌類)、またはそれらを含む製品や食品のことを言います。主に、乳酸菌、ビフィズス菌などが、ヨーグルトや乳酸菌飲料、栄養補助食品などで利用されています。

「プレバイオティクス」とは、腸内で消化されにくい食物繊維やオリゴ糖などが代表的なものです。食物繊維とは、ヒトの消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称です。食物繊維は、大きく分けて「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の二つがあります。水溶性食物繊維は、胃腸内をゆっくり移動するので、お腹がすきにくく、食べすぎを防ぎます。糖質の吸収をゆるやかにして、食後血糖値の急激な上昇を抑えます。また、胆汁酸やコレステロールを吸着し、体外に排泄します。
さらには、腸内細菌の発酵をうけやすく、乳酸菌などの有用菌の増殖を促進して腸内環境を改善します。食品としては、昆布やわかめ、こんにゃく、りんごなど。不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。さらには、便のカサを増すだけでなく、不要物をキャッチすることにも働きます。食品としては、さつまいもやごぼう、きのこ類など。

良い腸内環境を作るには、善玉菌を多く含む食品を食べ、水溶性・不溶性食物繊維をバランスよく摂り、適度な運動・休息など生活習慣を整えていきましょう。

(次号に続く)