予防医学は価値ある生き方

真吾学

一覧に戻る


トップページに戻る

腸を知れば、人生が変わる(後編)

理想的な腸内環境になった人にはどんなメリットがあるのでしょうか。もしかしたら皆さんが長年悩んでいた不定愁訴は腸内環境で解決するかもしれません。

キーワード「短鎖脂肪酸」・・・腸内環境が良い人は、食べ物を腸内細菌が分解して、短鎖脂肪酸を作ります。そして、短鎖脂肪酸は、他の栄養分とともに超から吸収され、血液中に入って全身へ運ばれていきます。脂肪細胞にたどり着くと、細胞は栄養分の取り込みをやめ、脂肪が過剰にたまるのを防いでくれます。また、交感神経にたどり着くと全身の代謝が活性化します。つまり、肥満を防いでくれるのです。

キーワード「パイエル板」・・・パイエル板とは回腸(小腸の下部)に約20〜30個存在している免疫機能を司る総合司令所で、体全体の免疫の60〜70%が集まっています。腸内に有害な異物が侵入してくると、パイエル板は異物の情報を集めて分析し、T細胞、B細胞などの白血球に、異物への攻撃・排除を命令します。ガン細胞にはガン専門のNK細胞という白血球がいます。命令を受けた八研究は、異物への攻撃を開始します。これらの免疫機能が24時間休む事なく監視してくれる事で、私達の健康は守られているのです。つまり、免疫力を高めてくれるのです。

キーワード「腸は第二の脳」・・・人間の脳は1000億個の神経細胞があると言われています。一方、腸にも神経細胞があり、人体の中では脳に次いで2番目に多く1億個とも言われています。いわば親子関係とも言える腸と脳は、迷走神経という直通回路を介して繋がっています。腸内細菌が作った神経伝達物質ドーパミンやセロトニンを腸の神経が受け取ると、迷走神経を介して脳にも届けられます。つまり、やる気や幸福感上に影響を及ぼし、心の病を防いでくれるのです。

腸は、その他、健康長寿や美容にも関わっており、今後ますます研究と注目が集まってきます。
腸内環境を整えることは、健康の第一条件とも言えるでしょう。