自分の身体と向き合い、現状を把握する

真吾学

一覧に戻る


トップページに戻る

頭痛や冷え性の原因の血行不良を根本的に解決する方法

頭痛や冷え性、肩こり、貧血で悩んでいる方は、非常に多くいます。その根本的な原因は血行不良にあります。人間の血管の長さを全て合わせると地球2周半(10万キロ)と言われていますが、その約95%は毛細血管という細い血管です。毛細血管内を流れる赤血球が細胞一つ一つに栄養・酸素を供給し、老廃物を体外に排出する働きをします。生活習慣、食習慣の乱れによる血行不良の不定愁訴は、その後の様々な病気につながるため早期の改善が健康を維持するためには重要です。

要因と解決法1

筋肉量不足と血管の脆さがあります。良質なタンパク質(肉・魚・大豆・卵・乳製品)とビタミンC(緑の野菜・果実)を摂ることによって、コラーゲンを含むしなやかな筋肉や血管を生成しましょう。

要因と解決法2

毛細血管の血行不良は、ファストフードやインスタント食品、スナック菓子などの糖質、脂質にカロリーが偏り、血液がドロドロの状態です。糖質や資質をエネルギーに変えるための補酵素であるビタミンB群(豚肉、うなぎ、レバー、魚等)や末梢血管をひろげ血行を促進するビタミンE(うなぎ、サーモン、かぼちゃ、アーモンド等)を摂ることが大切です。更に肉食から魚食への比率を高め、オメガ3系脂肪酸(EPA、DHA)の摂取でサラサラ血液を目指しましょう。

要因と解決法3

ストレスやホルモンバランスの乱れにより、自律神経に負担がかかっていませんか。交感神経を刺激しないよう38〜40度のお湯に15分以内で入浴し、ふくらはぎをマッサージすることも効果的です。交感神経の興奮を抑えるためにカルシウム(小魚、海藻類)やマグネシウム(海藻、魚、豆類等)を摂取しましょう。更に神経を正常に働かせ、血管の拡張をスムーズにさせるためにビタミンB群を摂取します。

要因と解決法4

血行不良と酸素の運搬能力低下により貧血や頭痛が起こります。赤血球のヘモグロビンの酸素運搬能力を改善させるために、造血ビタミンの葉酸(緑の野菜)とビタミンB12(魚、貝類、のり)を摂取し、ヘモグロビンの材料となる鉄分(レバー、野菜、海藻、大豆類)をしっかり摂りましょう。

毎日の食事が基本ですが、難しい場合は高品質な栄養補助食品も効果的に活用して血行不良を解決していきましょう。